スーパーPフォースは早漏もEDも治せちゃう不思議な薬です。日本では認められていないため、病院で処方することはできません。こちらではスーパーPフォースの作用や購入の方法をご紹介します。

タブレットを持っている男性
パソコンを見ている男性

スーパーPフォースはEDと早漏の2つの症状を改善するため、インドの製薬会社が開発した飲み薬です。
元々はED治療薬として開発されたバイアグラの成分シルデナフィルと、早漏治療薬として販売されたプリリジーの成分ダポキセチンを配合したもので、オリジナルの医薬品ではありませんが、1つの錠剤で2つの症状が改善されることから、世界中の性機能に悩む男性から人気を得ています。
シルデナフィルは勃起のために必要なcGMPの働きを阻害する酵素PDE5を抑える働きがあり、同時に陰茎の周囲の血管を拡張することで血流の増進を行います。
海綿体に十分な血液量を送ることで、これまで勃起できなかった、あるいは勃起しにくい状態を改善することができます。
ダポキセチンは日本では認可されていないので馴染みのない成分ですが、性行為による興奮を静めることで射精感を抑え、コントロールさせることができる成分です。
早漏に悩んでいる方は、以前まではリドカインなどの麻酔成分を含んだクリームやスプレーなどで改善を試みていた方が多いと思いますが、このダポキセチンのおかげで早漏は薬で治療できるようになりました。
その中でもエムラクリームのジェネリックは通販で購入すると、とても安く気軽に使用することができますので早漏で悩んでいる方におすすめです。
臨床試験では射精までの時間が4~5倍と長くなったことで知られ、早漏気味の人には効果が認められています。
それぞれ異なる医薬品の成分を配合しているため、効果は別に副作用もそれぞれの医薬品と同じリスクを兼ね備えています。
シルデナフィルでは主に頭痛、めまい、顔のほてりなどがありますが、血管が拡張されたために起こるので、効果が切れると自然と消失するのが特徴です。
極稀に視覚異常が報告されているので、万が一でも通常とは違う色彩で物が見えたり、異常に明るく見えるようなことがあれば専門の医師に相談する必要があります。
ダポキセチンでも頭痛やめまいなどがありますが、それ以上に喉の渇き、嘔吐、下痢、虚脱感などが起こることが報告されています。
重度のものはありませんが、規定以上の摂取量を飲むとリスクが高まるので用法用量はしっかりと守るようにしましょう。

記事一覧

勃起不全や早漏症で悩む男性の話は、小説やドラマでも出てくることがあります。 男性にとって、勃起不全や...

十分に勃起しない状態では、挿入をしてもSEXは行えません。 女性側もほとんど快感を得られませんし、男...

久々に早く帰宅したので妻とセックスをしようとしたら挿入したばかりでペニスが縮んでしまったり、気合いを...

インドの製薬会社が開発したスーパーPフォースは、バイアグラの成分であるシルデナフィルと、プリリジーの...

スーパーPフォースはインドの製薬会社が開発した、EDと早漏のどちらにも対応した治療薬です。 元々はE...